画像2

6. 「エクスプローラ」を開くと、「piyoko.zip」ファイルがダウンロードされているのがわかります。「.zip」や「.lzh」という拡張子は、複数のファイルが一つに圧縮されていることを意味します。

インターネットからソフトをダウンロードする場合は、ほとんどが圧縮されていることに気をつけてください。

ということは、それらのファイルを解凍するためのツールが必要になります。でもご心配なく。解凍用のソフト(「Lhasa」、「PeaZip」が代表的)も、さきほど紹介した「窓の杜」や「Vector」でゲットできます。

ダウンロードしてインストールすれば、デスクトップ上の画面に表示されるようになります。

7. 「piyoko.zip」圧縮ファイルをドラッグして、デスクトップ画面上にある「Lhasa」のうえで放します。すると、ファイルが解凍されて「piyoko」フォルダができます。これでダウンロード成功。

8. 「piyoko」フォルダを開きます。「sample.htm」を見て、使いたい画像を選びます。画像が決まったら、それを自分のホームページ用のフォルダ(ラボちゃんのは「hpcourse」フォルダ)に移動させて、ホームページ上で使えるようにします。

9. 選んだ画像を貼りつけたい場所にHTML形式で「<img src="/po.gif" width="96" height="102">」と指定。「width="96" height="102"」とサイズを変更してみました。また、ぴよこのラインも、「<img src="/piyo_lin.gif" width="80%">」と貼ってみました。(ホントに、カ・ワ・イ・イ)

10. すると、こんなふうに。これで一丁、できあがりぃ!(「ラーメンじゃねえぞ!」)


紙焼きの写真、イラスト、デザイン、印刷物などをホームページで使いたい場合は、スキャナ(フラットヘッドスキャナ)が便利です。スキャニングによりデジタルデータに変換され、パソコン上でも扱えるようになります。(「スキンヘッドスキャナがあったらコワそう・・・」)

人物や風景、ペット、商品などを自分で撮影して使いたい場合は、デジタルカメラがおすすめです。デジタルカメラで撮影した画像データは、パソコンに転送して取り込み、パソコン上でホームページに合った形に加工します。(転送方法はデジタルカメラによって異なります)

自分で画像を作りたい方には、既製のグラフィックソフトが重宝です。スキャナやデジタルカメラで取り込んだ画像も編集できます。本格的ですが、そのぶん高価ですよ。 

GIMPはフリーで使えるとても高機能なソフトです。優良ソフトに比べて遜色ない機能を有しています。 


カンタンな画像でしたら、Windows付属の「ペイント」(「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「ペイント」)でも作れますよお。

 

 画像(写真やイラストなど)画像データを軽くする方法