FTPでアップロードしよう

 



ホームページが完成したら、こんどはインターネットにアップロードしましょう。

アップロードにはFTP転送ソフトを使います。持ってない方はダウンロード可能です。


ではここで、FTP転送を図解しましょう・・・といいたいところですが、そのまえに、URLの仕組みについておさらいしときまひょ。(「どこの言葉や!」)

「http://www.securesite.co.jp/lemon/index.html」を例にとりますと、
 

URL http://www.securesite.co.jp/lemon/index.html
プロトコル名 http://
サーバ名 www.securesite.co.jp
ドメイン名 securesite.co.jp
デイレクトリ名 lemon
ファイル名 index.html


つまり、

「www.securesite.co.jp」というサーバの中にある「lemon」というデイレクトリの中にある「index.html」というファイル、ということになります。
 


上図のように、インターネットは階層構造になっているのも大きな特色です。木が枝分かれしているようなかんじでしょうか。

以上のことを覚えていただいて、やっとこさ、図解にはいりましょう。では、FFFTPを使って、「piro***.com/」ドメインにファイルをアップロードすることにしましょう。
 

URL http://piro***.com/
ドメイン名(またはサーバ名) piro***.com
ログイン名(またはユーザー名) piro***
パスワード m%E6cCa&



 

操作方法

1. 「FFFTP.EXE」 をダブルクリックして起動します。

2.「ホスト一覧」画面の「新規ホスト」をクリックします。

3.「基本」タブのところで、以下の情報を入力します。

ホストの設定名 「ホスト一覧に表示する名前」(例: piro***)を入力。
ホスト名(アドレス) 「ドメイン名またはサーバ名」(例: piro***.com)を入力。
ユーザ名 「ログイン名」(例: piro***)を入力。
パスワード/パスフレーズ 「任意のパスワード」(例: m%E6cCa&)を入力。
ローカルの初期フォルダ 「作ったHTMLファイルがあるフォルダ」(例: C:¥My Documents¥piro***)を入力しますが、ここは空欄のままで構いません。
ホストの初期フォルダ 「サーバ側のフォルダ」(例: public_html)を入力しますが、ここは空欄のままで構いません。

 

4.「OK」をクリックして「ホスト一覧」に戻ります。「piro***」が新たに加わっています。そして、「接続」ボタンをクリックします。

上記の入力は記憶されているので、次回からは「ホスト一覧」から選んで「接続」ボタンをクリックするだけでオーケー。

 

 

 ホームページ公開前にチェックしようFTPでアップロードしよう2